製品・サービス

製品シリーズ AUBIST

AUTOSAR Classic Platform 仕様に準拠したBSW製品

《 AUTOSAR Release 4.xに対応 》

ECU特性やAUTOSAR導入方針に合わせて選択できるモジュラー構造のスケーラブルなパッケージ構成が特長で、開発速度に合わせ並行したソフトウェア開発の実現、高度化するソフトウェアの効率的な開発を支援します。

【AUBIST Configurator】

AUBIST Classic Platform Tools(AUBIST Classic Platform向け)

BSWのコンフィグレーションなど、お客様のECU製品へBSWを搭載する業務を効率的に行うためのツールをご提供します。コンフィグ条件・標準設定をあらかじめ絞ることにより、お客様を多岐に渡るAUTOSARのコンフィグ設定から解放する機構を備えたツールを提供します。

車両のハイパフォーマンスコンピューティング時代に向けAUTOSAR Adaptive Platform 仕様に準拠したソフトウェアプラットフォーム

シングルからマルチ/メニー コアまで 対応した リアルタイム POSIX OS を採用し、各種SoC に対応します。通信、ファイルシステム、セキュリティ、診断など各種機能の提供でお客様のシステム開発を支えます。

AUBIST Adaptive Platform Tools(AUBIST Adaptive Platform向け)

Adaptiveシステム開発のポイントとなる性能面の評価を支援する、ツールソリューションを取りそろえ、確実かつスピーディーにお客様の開発を支援します。

サービス

AUBIST導入にあたり、お客様のご要望にお応えするエンジニアリングサービスを提供

お客様の技術的課題を、AUTOSARの知⾒及び、豊富な⾞載向けシステムの開発実績を⽣かし解決し、AUTOSARの初めての導⼊に対しても、国内のエンジニアがシステム開発を支援します。

AUTOSARの概要と導入のメリット

AUTOSAR (AUTomotive Open System ARchitecture) は、自動車業界全体における車載ソフトウェアの再利用や開発工程の自動化を進めるために不可欠な「標準化」を目的として2003年に設立されました。

現在では、ほぼ全ての自動車関連企業がAUTOSARに参画、既に欧州での新規開発では殆どの場合でAUTOSARが採用されており、日本国内においても今後ますます採用が広がっていくことが予想されます。