ご挨拶

  • 2018.12.11

    第11回 オートモーティブワールド
    [国際]カーエレクトロニクス技術展 出展のお知らせ

    CarEleJP

    このたび弊社は 2019年1月16日(水)~18日(金)に東京ビックサイトにて開催される 「第11回 オートモーティブワールド [国際]カーエレクトロニクス技術展」に出展します。

    本技術展は、自動車業界の先端テーマである、自動運転、クルマの電子化・電動化、コネクティッド・カー、軽量化などの最新技術を一堂に会し、世界中の自動車関連メーカーやサプライヤーが来場する世界最大級の自動車技術展です。

    弊社は、本技術展で、分散マイクロカーネルアーキテクチャを採用したOSをベースとする「AUBIST Adaptive Platform」をメインにご紹介します。                 

    会場にお越しの際は、是非弊社ブースまでお立ち寄りいただきますようお願い申しあげます。                 

    AUBIST Adaptive Platform

    自動運転やコネクティッドカーなどの開発に向け、AUBASSが提供するAUTOSAR Adaptive Platform準拠のソフトウェア群です。分散コンピューティング環境に特化し、ターゲット環境へのアプリケーション移植/再配置を容易にする環境を提供するなどの特長があります。 会場では、これからの車載システム開発を担う技術を、デモを交えてご紹介します。

    AUTOSAR Adaptive Platform

    展示会概要

    会期
    2019年1月16日(水)~18日(金)
    会場
    東京ビッグサイト 東6ホール(小間番号:E56-17)
    主催
    リード エグジビション ジャパン株式会社
    公式サイト
    オートモーティブ ワールド
    http://www.automotiveworld.jp/

  • 2018.01.11

    POSIX仕様準拠リアルタイムOS「AUBIST OS POSIX版(仮称)」を開発

    ~高度自動運転を実現するインテリジェントECUに最適化、
    マルチ・メニーコアベースの分散コンピューティングと車載基準の信頼性確保を支援~

    株式会社オーバス(本社:東京都港区、代表取締役社長:泉 彰司、以下オーバス)は、POSIX仕様準拠リアルタイムOS「AUBIST OS POSIX版(仮称)」を開発していることを発表します。高度自動運転(HAD)やコネクティッドカー、先進運転者支援システム(ADAS)など、高度な車載システムに採用される高性能なインテリジェントECUをターゲットとし、ヘテロジニアスなハードウェア構成の分散コンピューティングを可能にするスケーラビリティと、車載システム基準を満たす高信頼性の実現を目指しています。

    「第10回 オートモーティブ ワールド」(開催日:2018年1月17日(水)~19日(金)、会場:東京ビッグサイト)のオーバスブース(ブースNo.E52-16)にて、AUBIST OS POSIX版(仮称)を適用した次世代AUTOSAR Adaptive Platformのデモ展示とセミナーを行います。

    高度自動運転をはじめとする次世代の車載システムは、多数のエッジノードやクラウドと通信し、車両の状態や周囲の道路状況などの様々なデータを車内外のセンサから取得したり、人工知能(AI)を利用して次の判断・操作を計算したりするなど、多くのデータや演算を高速に処理するために、マルチ・メニーコア技術を活用した高性能なプロセッサを必要とします。AUBIST OS POSIX版(仮称)は、こうしたプロセッサを利用したインテリジェントECUに最適な、POSIX仕様準拠リアルタイムOSです。POSIX系OSの利用を前提としているAdaptive Platformへの適用も視野に入れています。さらに、自動車向け機能安全規格ISO 26262の対応も予定しています。

    AUBIST OS POSIX版(仮称)は、すべてのコアにマイクロカーネルを配置する分散型マイクロカーネルアーキテクチャを採用しています。これにより、コア数の違いに加え、オンチップフラッシュマイコンやGPU、FPGAなどアーキテクチャが異なるヘテロジニアスなハードウェア構成をサポートするスケーラビリティを実現しています。さらに、独自技術「セミプライオリティベーススケジューリング」を搭載することで、メニーコアで期待される高いパフォーマンスとスケーラビリティに加えて、車載システムに不可欠なリアルタイム性を両立し、Adaptive Platformに必要とされる、あらかじめ計画された動的な挙動を許容するPlanned Dynamicsを可能にします。

    今後はAUBIST OS POSIX版(仮称)に加え、アプリケーション開発ツールや、マルチ・メニーコア向けソフトウェア並列化ツールなどの各種ツールを整備していきます。オーバスは、豊富な車載システムやソフトウェア開発から得た技術力と知見を活かし、包括的なAUTOSARソリューションで次世代の車載ソフトウェアの設計・開発を強力に支援します。

    ■ 本リリースに関するお問い合わせ先
    株式会社オーバス
    Tel : 03-5781-2300 / Fax : 03-5781-2400
    e-mail : info@aubass.co.jp
    URL : https://www.aubass.co.jp/

    報道関係者向けPDF形式ファイルはこちら