ご挨拶

  • 2020.07.20

    自動車機能安全規格『ISO 26262:2018 』のソフトウェア開発プロセス認証取得について

    SGS_TUV_Asil_D_ready_TCL_LR

    株式会社オーバス(本社:東京都港区、代表取締役社長:泉 彰司、以下オーバス)は、ECUに搭載されるAUTOSAR BSWベンダとして、自動車機能安全規格 ISO 26262 2nd Edition
    (ISO 26262:2018) のソフトウェア開発プロセス認証を、第三者認証機関であるドイツSGS-TÜV Saar GmbHより取得いたしました。

    当社は既に機能安全(ASIL-D) 対応のソフトウェア開発プロセスに準拠しており、近年の自動運転技術の高度化および自動車ネットワークサービスの多様化に対し、安全・安心なBSWを提供させていただいております。

    このたび、新たにISO 26262 2nd Edition準拠の開発プロセスを導入することで、お客様の製品ニーズに応えられる準備を整えました。

    今後も、継続して、車載BSWに必要な品質・機能を作り込んでまいりますので、 ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。



    ※記載された社名、団体名は商標または登録商標です。

    ■ 本リリースに関するお問い合わせ先
    株式会社オーバス
    Tel : 03-5781-2300 / Fax : 03-5781-2400
    e-mail : info@aubass.co.jp
    URL : https://www.aubass.co.jp/

    報道関係者向けPDF形式ファイルはこちら